ホテルの檜風呂に入りました。#檜風呂 #ビジネスホテル

8月9日




08092019hotelMhills01.jpeg
20:10
焼肉 明月館で晩飯を食った後、歩いてホテルに戻りました。




08092019hotelMhills02.jpeg
このホテルの大浴場は、温泉では無いけれど総檜張りのお風呂です。
※貸切風呂が無いし、どこにもタトゥーお断りの表示もありませんでした。

男女入替制で、女性が16:00~20:00、男性が20:30~深夜0:00となっています。
既に20時を過ぎていたので、カミサンは部屋のユニットバスに入り、私は大浴場へ入りました。




08092019hotelMhills03.jpeg
この日は赤いお湯なので、ワイン風呂なのかなぁ?

湯舟に浸かっていると、誰かが脱衣場に入ってきました。
すると、突然男の子が浴室の引戸を開けるや否や「お父さん、身体に絵がある人がいる!」と言って引戸をピシャッと閉めてしまいました。
ちょっとして、若いお父さんと男の子が入ってきました。
私は、この親子に不快な思いを忘れてリラックスしてもらうために、急いで頭と身体を洗って大浴場から出ました。
このお父さんは、男の子に何と説明したのかな・・・




ホテル松本ヒルズ
https://breezbay-group.com/matsumoto-city/index.html




ポチッと応援してネ❤️
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村

summer-sale2019j.jpg
関連記事
スポンサーサイト



縄手横丁の焼肉 明月館で晩飯。#焼肉 #明月館 #松本

8月9日




08092019meigetu01.jpeg
ホテル松本ヒルズから歩いて、焼肉 明月館へ晩飯を食いに行きました。




08092019meigetu02.jpeg
《生ビール》680円
《キムチ》520円
炎天下の中、フルに動いて喉がカラカラだったので、まずは生ビールで喉を潤しました。




08092019meigetu03.jpg
《わかめサラダ》@630円
ここではサンチュを頼まないで、これを一人ひと鉢食べます。
このサラダの美味さはNo.1かも・・・




08092019meigetu04.jpg
《焼ニンニク》520円
明日の移動に備えて、これでスタミナを付けた。




08092019meigetu05.jpeg
《上カルビ 2人前》@2,200円x2
奮発しちゃった!




08092019meigetu06.jpeg
《豚トロ塩》800円
厚くてサクサク。




08092019meigetu07.jpeg
《五一わいん》2,500円
生ビールが終わったので、ポリフェノールを摂るために飲みました。




08092019meigetu08.jpeg
《ハラミ》2,000円
ガツンと来るから好き!




08092019meigetu09.jpeg
炭火の七輪で焼くのって、食欲そそるよね!




08092019meigetu10.jpeg
《カルビ》1,300円
ワインがまだ残ってたし、お肉も物足りなかったので追加した!




08092019meigetu11.jpg
無料のサービスで、りんごが出てきたよ。
ご馳走様でした。




焼肉 明月館
場所:長野県松本市大手4-3-21(縄手横丁)
電話:0263-32-7663
営業時間:月~土曜日 18:00-22:00 日曜日・祝日 17:30-21:00
休業日:水曜日
カード:可




ポチッと応援してネ❤️
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村

summer-sale2019j.jpg
関連記事

ホテル松本ヒルズにチェックイン。#ビジネスホテル

8月9日




山麓亭で遅い昼飯を食った後、安曇野市役所へ行って叔母の老人ホームの申込を行いました。
その後、叔母が現在入所している介護老人保健施設へ行き、元気で暮らしている叔母の様子を見てからホテル松本ヒルズへ向かいました。




08092019hotelMhills01.jpeg
17:40
ホテルが提携しているタウン パーキングにカルロ君を停め、歩いてホテル松本ヒルズへ向かいました。

17:45
チェックイン。
850円(現金)を支払い、タウン パーキングの清算済みカードを受け取りました。

17:50
部屋に荷物を置くや否や、18時に予約を入れてる焼肉 明月館へ急ぎ足で向かいました。




ホテル松本ヒルズ
https://breezbay-group.com/matsumoto-city/index.html




走行距離
山麓亭〜安曇野市役所:28km
安曇野市役所〜介護老人保健施設:15km
介護老人保健施設〜タウン パーキング:28km
小計:325km




ポチッと応援してネ❤️
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村

summer-sale2019j.jpg
関連記事

山麓亭で美味い蕎麦を食った。#蕎麦 #山麓亭 #塩尻

8月9日




08092019sanrokutei01.jpeg
旧立場川橋梁でその存在感に圧倒された後、県道198号とテクノ街道を走り、諏訪南ICから中央道に乗り塩尻ICで下りてからアルプス展望しののめみちを走り、塩尻市片丘にある手打蕎麦処 山麓亭へ昼飯を食いに行きました。




08092019sanrokutei02.jpeg
13:40
店に入って座敷に座ると、店員のおばちゃんが「《もり》と《ざる》が終わってしまいました。《ぶっかけ》ならありますがいいですか?」と言われました。
ちょっと着くのが遅かったかな・・・
《大もりそば》が食いたかったけど、無いならしょうがないので、「ぶっかけ天」を食ってみることにした。




08092019sanrokutei03.jpeg
08092019sanrokutei04.jpeg
《ぶっかけ天》が来るまでの間、セルフサービスの瓜の浅漬をつまみながら、冷たい蕎麦茶を飲んで待ちました。




08092019sanrokutei05.jpeg
奧)カミサンが食った《ぶっかけ天》850円
手前)私が食った《大盛ぶっかけ天》1,150円

初めて《ぶっかけ》を食ったけど、蕎麦自体が《もりそば》や《ざるそば》よりやや固めだった以外は、ほかに違いがなかったので大満足だった。
ご馳走様でした。




手打蕎麦処 山麓亭
場所:長野県塩尻市大字片丘北熊井9975-7
電話:0263-53-1731
営業時間:11:00-15:00
休業日:月曜日・第2日曜日




走行距離
旧立場川橋梁〜山麓亭:41km
小計:254km




ポチッと応援してネ❤️
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村

summer-sale2019j.jpg
関連記事

旧立場川橋梁を見に行った。#旧立場川橋梁 #富士見町

8月9日




以前、松本へ向かう「あずさ」から何気なく景色を眺めてたら、変な形の鉄橋が一瞬目に入りました。
「あれは何だ」と思ってすぐに検索すると、現在廃線となってる旧立場川橋梁(きゅう たつばがわ きょうりょう)であることがわかりました。

中央本線の建設工事に伴って1904年(明治37年)に完成した。
明治時代の文化遺産である「一ノ戸川橋梁」と同じボルチモアトラス橋であり、1980年(昭和55年)9月25日に信濃境駅〜富士見駅間の中央本線複線化による線路付け替えにより、本橋梁は廃橋となるが赤錆状態で現存している。
1983年に、国鉄から富士見町が周辺にある2つのトンネルと一緒に無償で譲り受けた。
富士見町は、近代化遺産として残す計画からボルトと枕木を撤去した。
2010年(平成22年)、町文化財、近代化遺産に指定するかを検討してきたが、保存した場合の経費を2〜3億円、解体の場合は2,000万円程度かかると予測し、指定は難しいと考えている。
地元住民からは、ハイキングコースとして整備を求める声も上がっていて、今後の動向が注目される。





08082019tachiba01.jpg
ほったらかし温泉を満喫した後、一宮御坂ICから中央道に乗り小渕沢ICで下りて一般道へ。
約1時間で立場川橋梁の下に着きました。




08082019tachiba02.jpeg
おー、見えたみえた、あれだよアレ!
「あずさ」の車窓から見た旧立場川橋梁だよ!
周りの緑によって、赤錆の橋梁が引き立てられてるね。




08082019tachiba03.jpeg
再びカルロ君に乗って、旧立場川橋梁の下をくぐってみた。




08082019tachiba04.jpeg
下から見上げると、迫力があるなぁ!




08082019tachiba05.jpg
旧立場川橋梁の下をくぐった先に農道があったので、そこにカルロ君を停めました。




08082019tachiba06.jpeg
こちらから見ると、旧立場川橋梁の形がよくわかるね。
2種類の違う橋梁を、くっつけたみたい。




08082019tachiba07.jpeg
間近で見れた記念にパチリ。

ググってみると、宮崎駿監督によるアニメ映画『風立ちぬ』で、富士見高原病院へのシーンの遠景に、旧立場川橋梁が描かれているそうです。
私の着眼点もまんざらでもないかな・・・




旧立場川橋梁





走行距離
ほったらかし温泉〜旧立場川橋梁:75km
小計:213km




ポチッと応援してネ❤️
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村

summer-sale2019j.jpg
関連記事

ほったらかし温泉、最高! #ほったらかし温泉 #山梨

8月9日




松本の叔母ちゃんが3年前に施設に入り、昨年から義母の痴呆症が進んできたので、GW/夏休み/年末年始の海外旅行を封印して、当分の間すぐに戻れる国内旅行をすることにしました。
今年の夏休みは、山梨県〜長野県〜岐阜県〜石川県を巡りました。

08:15
カルロ君で自宅を出発。




08092019hottarakasi01.jpg
10:15
中央自動車道の勝沼ICで下りて山梨市内を25分ほど走り、郊外にあるほったらかし温泉へ行きました。

《駐車場》
今日もめっちゃ暑かったので、だだっ広い駐車場の木陰を見つけて、カルロ君を停めました。




08092019hottarakasi02.jpg
《入口》




08092019hottarakasi03.jpg
《休憩所》
入口を入って行くと、すぐ右手にありました。
デカいなぁ・・・




08092019hottarakasi04.jpg
08092019hottarakasi05.jpg
さらに進むと、この《案内看板》に突き当たりました。

ほったらかし温泉は、『こっちの湯』と『あっちの湯』があり、それぞれ男女別の内湯と露天風呂があります。
『こっちの湯』は、正面に富士山、眼下に甲府盆地を望むことができます。
『あっちの湯』は、こっちの湯の約2倍の大きさの湯舟で、右手に富士山、左手に大菩薩嶺、眼下に甲府盆地を望むことができます。
今回は、カミサンが『こっちの湯』、私が『あっちの湯』に入りました。




↓『こっちの湯』

08092019hottarakasi06.jpg
《入口》
券売機に800円を入れて入浴券を買い、それをカウンターのスタッフに渡しました。
靴を脱いで上がりますが、靴が心配な人のために持ち込み用のレジ袋が用意されてます。
貴重品を入れるための有料コインロッカーがあり、さらに脱衣場にも100円のコインロッカー(返金されません)がありました。




08092019hottarakasi07.jpeg
《内湯と洗い場》




08092019hottarakasi08.jpeg
《縁が丸太の露天風呂》
熱い湯舟と温い湯舟に分かれています。
今日は入道雲が湧いてて、富士山を見ることが出来ませんでした(残念)




08092019hottarakasi10.jpeg
日差しが強いので、カミサンは備え付けの編笠を被って入ったそうです。




08092019hottarakasi09.jpeg
《岩風呂》
縁が丸太の露天風呂の一段下にあります。




↓『あっちの湯』

08092019hottarakasi11.jpeg
《入口》
こっちの湯から左の方へ歩いて行くと、食堂と休憩所の間にあります。




08092019hottarakasi12.jpeg
《階段》
葡萄が実っていました。




08092019hottarakasi13.jpeg
《脱衣場の入口》
あっちの湯と同様に、券売機で入浴券を買ってスタッフに渡し、靴を脱いで脱衣場へ向かいました。
もちろん、有料ロッカーもあります。




08092019hottarakasi14.jpeg
《洗い場と内湯》
洗い場は、シャワーの壁の奥にもあり、かなり広いです。




08092019hottarakasi15.jpeg
《縁が角材の露天風呂》
これは、区切りがなくて熱い湯舟です。

《岩風呂》
一段下にあり、縁が角材の露天風呂より温めで、浅い湯舟と深い湯舟に分かれています。




08092019hottarakasi16.jpg
噂通りタトゥーはOKでした!
他のお客さんに配慮しながら自撮りをした後、立ち上がって絶景を撮ろうとしたら、スタッフから「撮影は禁止なんですよ」と、やんわり注意されてしまいました(泣)




ほったらかし温泉
http://www.hottarakashi-onsen.com




走行距離
自宅〜ほったらかし温泉:138km




ポチッと応援してネ❤️
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村

summer-sale2019j.jpg

リベンジで黒根岩風呂。#露天風呂 #温泉 #黒根岩風呂

7月31日




07312019kurone01.jpg
4年前に初めて行ったときのリベンジで、北川温泉 黒根岩風呂へ浸かりに行きました。
2015年のブログ
専用の駐車場にカルロ君を停め、入口に建つ料金所で管理人のおじさんに600円を払いました。




07312019kurone02.jpeg
階段を下りようとすると、なんか4年前と違うことに気づいてしまいました。
そう、女湯の入口に通じる通路が、男湯の左側に出来てたのだ!
以前、女湯(女性専用風呂)に行くには、男湯の前を通っていました。
そして、男湯はタオル巻きで混浴ができてたけど、完全に男女別になったようだ・・・




07312019kurone03.jpg
混浴ではなくなったので、男湯ではみんなスッポンポンで湯舟に出入りしてました。




07312019kurone04.jpg
カミサンと一緒に入れないので、スマホのタイマーを使って自撮りをしてたけど、うまく撮れなくて何度もやり直してました。
その光景を見ていた中国人が英語で「私が撮りましょうか?」と言ってくれたので、スマホを渡して撮ってもらいました。
私が「あなたも撮りましょうか?」と言うと、彼は遠慮して帰って行きました。




北川温泉 黒根岩風呂
電話:0557-23-3997
料金:600円
営業時間:10:00-18:00(最終入場:17:45)
休業日:荒天日
     




ポチッと応援してネ❤️
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村

summer-sale2019j.jpg
関連記事

回転寿司 魚磯で地魚寿司。#回転寿司 #魚磯 #伊東

7月31日




07312019araiso01.jpeg
伊豆に来たらやっぱり寿司ということで、以前何度か食べに行って美味かった回転寿司 海女屋 伊豆高原店へ行こうと思ったら水曜定休だったので、斜め向かいにある回転寿司 魚磯へ行きました。




07312019araiso02.jpeg
《近海 本まぐろ》357円




07312019araiso03.jpeg
《生しらす》357円




07312019araiso04.jpeg
《近海 カツオ》294円




07312019araiso05.jpeg
《地物 サワラ》294円




07312019araiso06.jpeg
《地物 シイラ》216円
初めて食べたかな、もちもちサッパリでした。




07312019araiso07.jpeg
《ひらめ》397円
エンガワ付きでした。




ここのお寿司は、シャリが少な目で我が家好みでした。
ご馳走様でした。

回転寿司 魚磯
場所:静岡県伊東市富戸1103-71
電話: 0557-33-6607
営業時間: 11:00-21:00
休業日:不定休
支払い方法:現金のみ




ポチッと応援してネ❤️
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村

summer-sale2019j.jpg
関連記事

拍子抜けの門脇吊橋 #門脇吊橋 #城ヶ崎海岸 #伊東

7月31日




07312019kadowaki01.jpg
何度か伊東に行っているのに、行く機会に恵まれなかった門脇吊橋に、やっと念願が叶って行ってきました。
門脇吊橋は長さ48m、高さ23mの吊橋で、数10mの断崖を形成している城ヶ崎海岸にあります。




07312019kadowaki08.jpg
城ヶ崎海岸の駐車場に着くと、すぐ横に撮影スポットがあって、誰でもこんな写真を撮ることができるので、ちょっと拍子抜けしてしまった。




07312019kadowaki02.jpg
これが門脇岬かな。
門脇吊橋のすぐ左から海に向かって突き出てたよ。




07312019kadowaki03.jpg
大室山の噴火によって海中に流れ出た溶岩が固まり、波によって浸食されてこんな切り立った巨大な岩になったそうですよ。




07312019kadowaki04.jpg
門脇吊橋の写真が簡単に撮れて時間が余ったので、ゴツゴツした岩場を下りて行き、海の近くまで行ってみました。




07312019kadowaki05.jpg
岩場を散策した後、門脇吊橋を渡って門脇灯台へ行ってみた。
門脇吊橋は、ほとんど揺れなくてスリル感はゼロだった。
この灯台は無料で、誰でも最上階まで上がることができます。




07312019kadowaki06.jpg
最上階からは、先ほど見た門脇岬を横から見れたし・・・




07312019kadowaki07.jpg
反対側からは、以前登った大室山がうっすらと見えました。




門脇吊橋
場所:静岡県伊東市富戸842-65




ポチッと応援してネ❤️
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村

summer-sale2019j.jpg
関連記事

料亭旅館 淘心庵 米屋は最高の宿でした。 #淘心庵米屋

bnr-zidaiya-700130.jpg
7月31日




07302019komeya03.jpeg
11:00
ギリギリまで部屋でまったりしてから、帳場に行ってチェックアウト。




07312019komeya12.jpeg
女将さんが、門前で火打石をカチカチ。
「ご旅行をお楽しみください、いってらっしゃいませ」とおっしゃって、お見送りをしてくれました。
仲居さんが駐車場のカルロ君までボストンバッグを運んでくれたうえに、カルロ君が見えなくなるまでお辞儀をしながら見送ってくれました。

美味しい料理、素敵な雰囲気の佇まい、親切で笑顔を絶やさない仲居さん、どれを取っても最高の宿でした。
強いて難を上げれば、部屋の玄関の壁紙が少し剥がれてたことと、ベランダの手摺りが腐蝕してたことくらいかなぁ・・・
大変お世話になりました。




料亭旅館 淘心庵 米屋
https://www.hotespa.net/hotels/komeya/




ポチッと応援してネ❤️
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村

summer-sale2019j.jpg
関連記事

再び部屋の半露天風呂。#淘心庵米屋 #部屋風呂

bnr-zidaiya-700130.jpg
7月31日




07302019komeya15.jpg
チェックアウト前に、再び部屋にある半露天風呂に入りました。




07312019komeya11.jpg
昨夜、お酒を桶に入れて浮かべ、飲みながら入りたかったけど、夕食後に撃沈して実現できなかったので、形だけやってみました。
重心が高いので、手を離すとひっくり返ってしまいます(汗)
次回は、小瓶かワンカップにしよっと・・・




料亭旅館 淘心庵 米屋
https://www.hotespa.net/hotels/komeya/




ポチッと応援してネ❤️
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村

summer-sale2019j.jpg
関連記事

料亭旅館 淘心庵 米屋(朝食編)#淘心庵米屋 #伊東

bnr-zidaiya-700130.jpg
7月31日




07302019komeya20.jpeg
1階の食事処へ、朝食を食べに行きました。
昨日と同じ個室でした。




07312019komeya03.jpg
昨晩の夕食のときに撮り忘れた個室の室内です。




07312019komeya04.jpg
右奥から:しじみ・天草・三つ葉の味噌汁、塩辛、白米、オレンジジュース、焼き魚、お盆の上の料理(クラゲとササミ入りのサラダ、壬生菜とミョウガのワインビネガー漬け、インゲンと黒ごま、明太子とシラス、うどとイカ、鮪と晒し玉ねぎ、もずくとトマト、桜海老入り出汁巻き玉子、枝豆豆腐)、朝食海苔




↓以下、詳細の一部

07312019komeya05.jpg
《フレッシュ・オレンジジュース》
カミサンが「穴からスプーンを入れて、よく上手にジュースに出来るね!」と言うので、私は「穴からスプーンで中身を出してジュースにしてから戻すんだよ!」と言ったら、「あっ、そうだよね」だってさ・・・(笑)




07312019komeya06.jpg
《焼き魚》
鰈、鯖、鯵、鮭から選べた。
私は鰈と鮭、カミサンは鰈と鯵にした。
火が通ってる魚を、軽く炙って食べました。




07312019komeya07.jpg
《飯の友》
塩辛、納豆、山葵漬けから選べました。
二人とも塩辛にした。




07312019komeya08.jpg
《出汁巻き玉子》
米屋の焼印入りだったよ。




07312019komeya09.jpg
《梅干しの蜂蜜漬け》
自家製だそうで、「好きなだけ食べてください」って言われた。




07312019komeya10.jpg
《飲み物とデザート》
飲み物は、コーヒーと紅茶から選べた。
ふたりとも、コーヒーにしました。
デザートは、桃のゼリーと水羊羹だった。
部屋まで運んでくれたので、テレビを見ながら食べました。
ご馳走様でした。




料亭旅館 淘心庵 米屋
https://www.hotespa.net/hotels/komeya/




ポチッと応援してネ❤️
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村

summer-sale2019j.jpg
関連記事

朝飯前に貸切露天風呂へ。#貸切露天風呂 #淘心庵米屋

bnr-zidaiya-700130.jpg
7月31日




07302019komeya23.jpeg
07302019komeya25.jpeg
1階の食事処を通り抜けた突き当たりにある貸切露天風呂「一水」に、ひとっ風呂浴びに行きました。




07312019komeya01.jpg




07312019komeya02.jpg
小川の堰から流れ落ちる水の音や野鳥の声が、辺りにこだましていて、とても落ち着いた雰囲気の中でリラックスできました。




料亭旅館 淘心庵 米屋
https://www.hotespa.net/hotels/komeya/




ポチッと応援してネ❤️
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村

summer-sale2019j.jpg
関連記事

料亭旅館 淘心庵 米屋(夕食編)#会席料理 #淘心庵米屋

bnr-zidaiya-700130.jpg
7月30日




07302019komeya20.jpeg
1階の食事処へ、夕食を食べに行きました。
部屋と同じ「ゆり」の名札が付いた個室に案内されました。




07302019komeya47.jpg
《ウィスキー角・ハイボール》820円




↓以下、コースの夕食「夕涼み」です。


07302019komeya48.jpg
《前菜》
右奥の皿:鮃小柚寿司、鬼灯若桃煮、鴨ロースト、無花果、鰻八幡巻、ほやとろろ
左奥の高台皿:空芯菜と栄螺のお浸し
左手前の皿:玉蜀黍アスパラ揚げ、鮎香り揚げ

《食前酒》
山桃カクテル




07302019komeya49.jpg
《先椀》
地鯵つみれ、地海苔




07302019komeya50.jpg
《造里》
鮪、煽り烏賊、むつ、伊佐木、鱧湯引き

醤油と梅酢につけて食べました。
さすが伊豆だね、名産の本山葵も付いてたよ。




07302019komeya51.jpg
《焼物》
鱸油焼、ローストポーク




07302019komeya52.jpg
《主肴》
伊豆の幸すき煮鍋

地魚は定番の金目鯛とイトヨリ鯛でした。




07302019komeya53.jpg
《箸休め》
米屋の白胡麻豆腐 金胡麻餡




《口替り》は、丸茄子とトマトそぼろ掛け、鰈と夏野菜の南蛮漬け、米屋のビーフシチューから選べました。

07302019komeya54.jpg
私の《口替り》
米屋のビーフシチュー




07302019komeya55.jpg
カミサンの《口替り》
鰈と夏野菜の南蛮漬け




《食事》は、玉蜀黍と桜海老の炊込み御飯、鰻茶漬け、冷やし酢橘素麺 夏野菜天婦羅から選べました。
《香の物》は、かくや和え、白瓜浅漬けです。

07302019komeya56.jpg
私の《食事》
鰻茶漬け

お米は、島根県産の仁多米を使ってるそうです。




07302019komeya57.jpg
カミサンの《食事》
冷やし酢橘素麺 夏野菜天婦羅




07302019komeya58.jpg
《水菓子》
ライチプリン、西瓜ジェラート

《甘味》
笹巻カスタード大福



苦手な鯵・金目鯛、ほやは新鮮だったせいか食べれたよ。
一つひとつの料理は少しだったけど、食べ終わるとお腹いっぱいになりました。
ご馳走様でした。




料亭旅館 淘心庵 米屋
https://www.hotespa.net/hotels/komeya/




ポチッと応援してネ❤️
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村

summer-sale2019j.jpg
関連記事

部屋の半露天風呂。#淘心庵米屋 #部屋風呂

bnr-zidaiya-700130.jpg
7月30日




07302019komeya15.jpg
ちょっと休憩した後、早速部屋にある半露天風呂に入りました。
頭や身体を洗ってから・・・




07302019komeya45.jpg

07302019komeya46.jpg
冷蔵庫にある無料のビールを持ち込んで、一杯やりながら、湯舟に浸かりました。
一度やってみたかったんですよ・・・
なんとも贅沢なひとときでした!




料亭旅館 淘心庵 米屋
https://www.hotespa.net/hotels/komeya/




ポチッと応援してネ❤️
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村

paypal-siharai-j.jpg
関連記事

料亭旅館 淘心庵 米屋(貸切露天風呂編)#貸切露天風呂

bnr-zidaiya-700130.jpg
7月30日




07302019komeya20.jpeg
07302019komeya21.jpeg
1階の食事処を通り抜けた突き当たりに、貸切露天風呂「一水」があります。




07302019komeya22.jpeg
入口を入ると、バスタオル、足拭きマット、傘、雪駄が用意されています。




07302019komeya23.jpeg
タオル類を持って雪駄に履き替えて外に出ると、石畳の向こうに貸切露天風呂があります。




07302019komeya24.jpeg
07302019komeya25.jpeg
脱衣場のすぐ前に、八角形の湯舟があります。
ここは、頭や身体を洗う場所がなく、湯舟に浸かって身体を温めるだけのところです。




07302019komeya26.jpeg
湯舟のすぐ横には堰があり、そこから流れ落ちる水の音が、辺りにこだましていました。




料亭旅館 淘心庵 米屋
https://www.hotespa.net/hotels/komeya/




ポチッと応援してネ❤️
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村

paypal-siharai-j.jpg
関連記事

料亭旅館 淘心庵 米屋(大浴場編)#淘心庵米屋 #大浴場

bnr-zidaiya-700130.jpg
7月30日




私がタトゥーを入れてるし、部屋に半露天風呂が付いてたので、大浴場はこのブログを見ている人のために覗いてみましたよ。

07302019komeya31.jpg
帳場から大浴場に行く扉の手前には、挽きたてコーヒーマシンがありました。




07302019komeya32.jpg
この通路の奥に、大浴場があります。




07302019komeya33.jpg
通路の途中には、風呂上がりに飲める牛乳が冷やしてあったので、ちゃっかり飲んでみた。
東豆酪農というメーカーの牛乳は、濃厚で甘みがあって美味かったよ!




07302019komeya34.jpg
《大浴場の暖簾》




↓男湯
07302019komeya35.jpg
スリッパを脱いで暖簾をくぐった。




07302019komeya36.jpg
07302019komeya37.jpg
07302019komeya38.jpg
《脱衣場》




07302019komeya39.jpg
07302019komeya40.jpg
《内風呂》




07302019komeya41.jpg
《露天風呂》




↓女湯
07302019komeya42.jpg
《内風呂》
男湯より小さいなぁ・・・




07302019komeya43.jpg
《サウナ》
男湯にはなかったよ!




07302019komeya44.jpg
《露天風呂》
男湯より小さかった。




ホームページを見ると、男湯と女湯は入れ替え制だったよ。
入れ替え制じゃなかったら、おばちゃま達が黙っちゃいないでしょ・・・




料亭旅館 淘心庵 米屋
https://www.hotespa.net/hotels/komeya/




ポチッと応援してネ❤️
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村

paypal-siharai-j.jpg
関連記事

料亭旅館 淘心庵 米屋(部屋編)#源泉掛け流し

bnr-zidaiya-700130.jpg
7月30日




「ゆり」という部屋の詳細です。


07302019komeya08.jpeg
《玄関灯》




07302019komeya09.jpeg
《玄関》




07302019komeya10.jpeg
《廊下》
左側手前にトイレ、左側奥に洗面所兼脱衣所と半露天風呂、右にベッドルーム、突き当たりにパントリーと冷蔵庫があります。
冷蔵庫の中には、無料の生ビールの小瓶2本とミネラルウォーター2本が入っています。




07302019komeya11.jpeg
《トイレ》




07302019komeya12.jpeg
《洗面所兼脱衣所》


07302019komeya13.jpeg
脱衣所の隅には、タオル類とアメニティグッズが入った袋が置いてあります。




07302019komeya14.jpg
07302019komeya15.jpg
《半露天風呂》
源泉掛け流しの単純泉です。
葦簀一枚で、娑婆と分けられており、伊豆急行が通過するたびにガタンゴトンと電車音が聞こえました。




07302019komeya16.jpeg
07302019komeya17.jpeg
《ベッドルーム》
ヘッドレスト奥の窓からは、先ほど見た滝の音が聞こえてきました。
ベッドの横に茶香炉が置いてあり、お茶のいい香りが漂っていて、気分がリラックスできました。




07302019komeya18.jpeg
《ウェルカムのお茶菓子》
「金目鯛せんべい」と「伊豆みかん」です。
お茶菓子は、入浴前に食べて血糖値を上昇させ、安全に入浴させるためのものだそうです。
単なるお土産の紹介じゃなかったんですね。




07302019komeya19.jpeg
《ベランダ》
南伊東の町並みが見えました。




料亭旅館 淘心庵 米屋
https://www.hotespa.net/hotels/komeya/




ポチッと応援してネ❤️
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村

paypal-siharai-j.jpg
関連記事

料亭旅館 淘心庵 米屋(アプローチ編)#淘心庵米屋

bnr-zidaiya-700130.jpg
7月30日




07302019komeya01.jpeg
4年ぶりに、伊東へ一泊二日の旅行に行きました。
今回は私の誕生日のお祝いも兼ねていたので、すごく奮発して料亭旅館 淘心庵 米屋という旅館に泊まりました。
駐車場に着くと、仲居さんがやってきてボストンバッグを持ってくれて、50mほどの上り坂を宿までエスコートしてくれました。




07302019komeya02.jpeg
門をくぐり玄関までの途中には川が流れていて、宿の横には小さな滝があり轟々と音を立てていました。




07302019komeya03.jpeg
玄関で靴を脱いでスリッパに履き替え、先ほどの滝が目の前に見える帳場へ。


07302019komeya04.jpeg
宿泊名簿に記入をする前に、女将さんが目の前で点ててくれた抹茶と蒸しきんつばをいただきました。




07302019komeya06.jpeg
エレベーターで2階へ上がり、渡り廊下を渡って客室がある本館へ。




07302019komeya07.jpg
本館の庵(いおり)というカテゴリに属する部屋が並ぶ廊下です。
渡り廊下から見て向かって一番右端の「ゆり」という部屋に案内されました。




料亭旅館 淘心庵 米屋
https://www.hotespa.net/hotels/komeya/




ポチッと応援してネ❤️
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村

paypal-siharai-j.jpg
関連記事

プロフィール

ChoiwaruLorenzo

Author:ChoiwaruLorenzo

ランキング

ポチッと応援してね。

旧ブログ

Lorenzoの【西方見聞録】
http://lorenzo.blog.fc2.com/
2005年から2019年までのバリ島、台湾、ミャンマー、タイのブログがいっぱい載ってます。

日本語OKなバリ島の助っ人


I Ketut Sulastra(クトゥさん)
http://ketut.blog.fc2.com/
カーチャーターとレンタルバイクをやっています。
漢字以外の日本語で直接予約できます。

タグクラウド


検索フォーム

QRコード

QR

アクセス・カウンター