饂飩処 釜ごはん 福わ家で夕食。#うどん #福わ家 #金沢

8月13日




08132019fuku01.jpeg
08132019fuku02.jpeg
宿から6分ほど歩いたとこにある饂飩処 釜ごはん 福わ家(ふくわうち)へ、夕食を食べに行きました。




08132019fuku03.jpeg
17:30
予約したからか、庭が見える座敷に通されました。
まずはウェルカム・ドリンクとして、里芋と人参に砂糖をまぶしたお菓子を食べ、お抹茶を飲みました。




08132019fuku04.jpeg
08132019fuku05.jpeg
08132019fuku06.jpeg
《生ビールセット》@850円
カミサンは〈昆布かまぼこ〉、私は〈ちくわの磯辺揚げ〉にしました。




08132019fuku09.jpg
カンパ〜イ!
仲居さんが、撮ってくれました。




08132019fuku07.jpeg
08132019fuku010.jpeg
カミサンが食べた《黒豚饂飩鍋 一式 今盛り》2,500円
今盛りはうどんの量が、昔盛りの半分です。
味噌味好きなカミサンに、ぴったりです。
脂身は、外してましたけどね・・・




08132019fuku08.jpeg
08132019fuku11.jpeg
私が食べた《ぎゅう牛饂飩鍋 一式 今盛り》2,800円》
すき焼きに使うような国産和牛肉が、ドーンと入っています。




08132019fuku12.jpeg
08132019fuku13.jpeg
饂飩鍋が終わりそうなタイミングを見計らって、仲居さんがおじや用の《ごはん》と《香の物》を運んで来ました。
《香の物》は、キャベツの切り漬け、ミョウガの酢漬け、大根のぬか漬け、椎茸・昆布・おかかの炊き合わせです。




08132019fuku14.jpeg
08132019fuku15.jpeg
水分を飛ばして、ドロドロのおじやにして食べました。




08132019fuku16.jpeg
デザートは《小豆寒天》と《梅ジュース》です。
口の中がさっぱりしました。
ご馳走様でした。




饂飩処 釜ごはん 福わ家
http://kobashiotafuku.jp/fukuwauchi.html




ポチッと応援してネ❤️
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村

bnr-zidaiya-700130.jpg
関連記事
スポンサーサイト



シェアハウスGAOooに着いた。#ゲストハウス #金沢

8月13日




08132019GaOoo01.jpg
15:00
カルロ君はエンコすることなく、無事に金沢市内のシェアハウスGAOooに到着しました。
オーナー夫婦と柴犬のGAOちゃん(6歳)です。
建物は、リノベーションした築約100年の金沢町家です。




08132019GaOoo02.jpg
カルロ君は、ご主人の誘導で少し離れた月極駐車場に停めました。




08132019GaOoo03.jpeg
08132019GaOoo04.jpeg
宿の1階は、客室1つ、脱衣場&シャワールーム、トイレ、洗面台、洗濯機&乾燥機、ダイニング&キッチン、オーナーの部屋で、2階は客室が2つのみです。

トイレは、温水洗浄便座が付いていません。
脱衣場に、バスタオルがあります。
洗面台には、フェイスタオルやハンドタオルはありません。
歯磨きセットは部屋にあります。
キッチンは、冷蔵庫・電子レンジ・コンロ・調理器具・食器が使えます。
洗濯するときは、備え付けの洗剤が使えます。

写真は、私達が宿泊する2階奥の部屋です。
部屋の扉は、鍵がかけられます。
テレビはありません。
エアコン、WiFiあり。




シェアハウスGAOoo
場所:金沢市東山3-23-14
電話:076-256-5243
チェックイン:16:00〜
チェックアウト:〜10:00
休業日:年中無休
宿泊費:1泊1名 3,240円(税込)




走行距離
もりもり寿し泉ヶ丘店〜シェアハウスGAOoo:6km
小計:591km




ポチッと応援してネ❤️
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村

bnr-zidaiya-700130.jpg
関連記事

もりもり寿し泉ヶ丘店で新鮮な寿司を食べた。#回転寿司

8月13日




08132019morimori01.jpeg
白川郷ICから東海北陸自動車道に乗り、福光ICで下りました。
国道304号と県道27号、さらに県道209号と県道22号を走り、約1時間で金沢市内に入りました。

11:30
グーグル先生のおかげで、無事にもりもり寿し泉ヶ丘店に着きました。
店頭の専用駐車場にカルロ君を停めて店内に入ると、ほぼ満席で辛うじて空いていたカウンター席に座りました。




08132019morimori02.jpeg
《天然真鯛(地物)》380円
天然の地物が食べられるなんて、幸せのひと言に尽きるなぁ。




08132019morimori03.jpeg
《紅ずわいがに》330円
本場だから安く食べれるんだね。




08132019morimori04.jpeg
《かに味噌軍艦》260円
ずわいがにの身も味噌もたっぷり!




08132019morimori05.jpeg
《さわら》380円
新鮮じゃないと握れないよね!




08132019morimori06.jpeg
《白えび軍艦》600円
金沢に来たら食べなきゃね!




08132019morimori07.jpeg
《小柱軍艦》240円
この盛りでこの値段は、リーズナブルだね。




08132019morimori08.jpeg
《のど黒炙り》470円
初めて食べたけど、美味しかったなぁ!




08132019morimori09.jpeg
《えび三昧》700円
本日のおすすめ三点盛りで、生甘えび、白えび、赤えびです。
新鮮でプリプリでした。

ご馳走様でした。

カルロ君のエンジンをかけ、ギアを1に入れアクセルを踏んだけど、ピクリとも動かなくて空吹かしになった。
気温37度の中で駐車してたから、オーバーヒート気味になったかなぁ・・・
ボンネットを開けて、少し休ませました。
30分ほど経って、再びエンジンをかけると少しずつ動きだしたので、隣のアルビス泉が丘サンピア店(地元スーパー)の広い駐車場を動かしました。
駐車スペースに入れようとギアをバックに入れると、また空吹かしになってしまった。
エンジンのオンオフを繰り返したら、再びバックで動いたので、駐車スペースに入れボンネットを開けて休ませました。
ディーラーに電話をすると、東京も金沢も全て夏休みだった!
保険会社のロードサービスに電話をすると、出払ってて時間がかかると言われてしまいました。
しょうがないので、エンジンが冷めるまで休ませました。
1時間ほど休ませると通常通り動いたので、どこにも立ち寄らずにまっすぐ金沢市内の宿に向かいました。




もりもり寿し泉ヶ丘店
場所:金沢市伏見新町286
電話:076-280-1855
営業時間:11:00-21:45
休業日:年中無休




走行距離
道の駅 白川郷〜もりもり寿し泉ヶ丘店:62km
小計:585km




ポチッと応援してネ❤️
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村

bnr-zidaiya-700130.jpg
関連記事

道の駅 白川郷でMy土産を買った。#石豆腐 #飛騨のどぶ

8月13日




08132019michinoeki01.jpg
白川郷から金沢に向かうために白川郷IC口へ向かうと、道の駅 白川郷の看板が立ってたので、寄り道して白川郷の地物を買うことにしました。




08132019michinoeki02.jpeg
《石豆腐》@600円
《こも豆腐》 420円
《飛騨のどぶワンカップ》300円
《久寿玉ワンカップ》320円




08132019michinoeki03.jpeg
《赤かぶら漬》@540
《栃の実わらび餅》490円

帰宅後が楽しみだ!




走行距離
民宿かんじや〜民宿久松:0.2km
民宿久松〜合掌造三棟:0.8km
合掌造三棟〜道の駅 白川郷:4km
小計:523km




ポチッと応援してネ❤️
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村

bnr-zidaiya-700130.jpg
関連記事

ポスターのモデルを見ました。#白川郷 #世界遺産

8月13日




昨日、白川郷合掌造り民家園の受付に貼ってあった合掌造のポスターを見て、カミサンが「このモデルになった合掌造は、どこにありますか?」と受付のおじさんに尋ねると、親切に場所と道順を教えてくれました。




08132019san-ie01.jpg
民宿久松からカルロ君で3分ほど走り、白川郷の名残りとして、立ち寄ってみました。
「お〜、ここ、ここ!」
ポスターのは冬景色だったけど、間違いなくここだ!
夏景色は夏景色で、黄緑の田んぼと焦茶色の合掌造のバランスが、すごく素敵だよね!



08132019san-ie02.jpg
田んぼの中に、丁字の畦道があったので、記念に撮りました。
今度は冬に来たいなぁ・・・




ポチッと応援してネ❤️
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村

bnr-zidaiya-700130.jpg
関連記事

民宿久松(朝食&チェックアウト編)#白川郷 #民宿

8月13日




07:30
女将さんが「朝食の準備が出来ました」と各部屋に声をかけて回ると、それぞれの部屋からお客がゾロゾロと出てきて、囲炉裏の間に集まりました。




08132019hisamatsu01.jpeg
左上から、スクランブルエッグ、焼き海苔、コーヒー、フルーツサラダ、厚揚げと青菜のお浸し、伽羅蕗とおたふく豆、ごはん、味噌汁、クロワッサン、ディスペンパック(いちごジャム&マーガリン)
一部が外人客に配慮したメニューになってる辺り、女将さんのおもいやりが伝わってきました。

イタリア人男性は、初めてディスペンパックを使うのか、二つに折り曲げたときに中身が吹き出して服を汚してしまいました。
周りの日本人は、笑うに笑えず下を向いてしまいました(爆)

08132019hisamatsu02.jpeg
野菜の朴葉味噌焼き
ご馳走様でした。




身仕度をした後、「私達も金沢に行くけど、私の車で一緒に行かないか?」とイタリア人の男性に提案しました。
しかし、すでにバスのチケットを買っていたので、「残念です」と伝え部屋に戻りました。
一緒に行きたかったなぁ・・・




08132019hisamatsu03.jpg
08:45
イタリア人カップルが先に出た後、私達もチェックアウトしました。
カルロ君に荷物を積んでると、女将さんが見送りに出てきてくれて、記念写真を撮ってくれました。
とても気に入ったので「また泊まりに来ます」と告げて宿を後にしました。




民宿久松
場所:岐阜県大野郡白川村荻町585
電話:05769-6-1551
チェックイン:16:00〜
チェックアウト:〜9:00
支払方法:現金




ポチッと応援してネ❤️
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村

bnr-zidaiya-700130.jpg
関連記事

早朝の白川郷を散策。#白川郷 #合掌造 #世界遺産

8月13日




天守閣展望台の下の道で早朝の全景を見た後、麓に下りて行って白川郷の中を散策しました。




08132019sanpo06.jpeg
まずは農道から田んぼ越しに、和田家を見ました。
一軒だけでも、存在感があるね!




08132019sanpo05.jpeg
和田家の周りに張り巡らされた消雪用の石組溝と便所。




08132019sanpo07.jpeg
和田家の池越しに見た便所と奥にある合掌造家屋。




08132019sanpo08.jpeg
石組溝沿いの小径を南下しました。




08132019sanpo09.jpeg
途中から小径は、板張りの道になりました。




08132019sanpo10.jpeg
メインストリートに出てみた。
歩いてるのは、散歩の宿泊客だけ。




08132019sanpo11.jpg
であい橋も、散歩の宿泊客だけ。
これって、宿泊客の特典だよね!




08132019sanpo12.jpeg
最後に、白川八幡神社へ行きました。
絵馬を見ると、アニメの女の子の絵と「ひぐらしのなく頃に」と書かれた物や、「聖地巡礼」と書かれた物がいっぱい下がっていた。
まさか、ここが聖地とはつゆ知らず、来てしまったよ(汗)

08132019sanpo13.jpeg
拝殿の右には、釈迦堂があった!
神仏習合の名残でしょうね。
久松の女将さんが、お堂の土台に使われた石垣も、保存の対象と言ってました。
横には注連縄が結ばれた巨大な御神木の杉もあったよ。




ポチッと応援してネ❤️
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村

bnr-zidaiya-700130.jpg
関連記事

早朝の全景を見ました。#白川郷 #合掌造 #世界遺産

8月13日




08132019sanpo01.jpeg
05:15
宿をそっと抜け出して裏の坂道を上がって行き、天守閣展望台の下の道へ向かいました。




08132019sanpo02.jpeg
天守閣展望台の辺りが、靄ってるよ!




08132019sanpo03.jpg
一昨日泊まった民宿かんじやの裏を通りました。




08132019sanpo04.jpeg
05:30
天守閣展望台の下の道に着いた。
奥の山が靄ってて、一昨日の夕方とは違う雰囲気で、見に来てよかったと思いました!




ポチッと応援してネ❤️
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村

bnr-zidaiya-700130.jpg
関連記事

民宿久松(夕食編)#白川郷 #民宿 #合掌造

8月12日




16:30
浴室の前で10分前から待ち、時間になると同時にお風呂に入りました。
ここのお風呂は檜風呂です。
因みにトイレは温水洗浄便座です。
昨日は、民宿かんじやで最後のお風呂に入ったら、おしっこ臭かったので、今日こそは沸かしたてのきれいなお風呂に入りたかったからです。

入浴後は、夕食の時間になるまで、部屋でまったりしました。

18:00
女将さんが「夕食の準備が出来ました」と各部屋に声をかけて回ると、それぞれの部屋からお客がゾロゾロと出てきて、囲炉裏の間に集まりました。
今夜の宿泊客は、我が夫婦、イタリア人カップル、韓国人男性と日本人女性のカップル、日本人青年二人組の4組です。

イタリア人カップルは、シンガポールで広告の仕事をしているそうで、京都からここに来て明日金沢に行くとのこと。
韓国人男性と日本人女性のカップルは、長野県の佐久市に住んでるそうで、やっぱり明日金沢に行くとのこと。
日本人青年二人組は、東京から休憩のみでバイクで来たとかで、明日東京に戻るとのこと。
ここの女将さんは話好きで、賑やかな夕食になりましたが、単語の羅列程度の英語しかできないので、英会話ができるイタリア人は日本語の会話に参加できなくて可哀想でした。




08122019hisamatsu04.jpeg
左上から、串カツ(なす、エリンギ&ししとう、鶏肉)、岩魚の塩焼き、煮物(わらび、たけのこ、モロッコインゲン、ふき、しいたけ)、冬瓜のひき肉あんかけ、きんぴら&キクラゲ、なます、そうめん、焼きこも豆腐&里芋&結び昆布




08122019hisamatsu05.jpeg
奥が、飛騨牛の陶板焼き
昼間の観光で喉がカラカラだったので、追加でビン生を2本も飲んじゃいました。
ご馳走様でした。




民宿久松
場所:岐阜県大野郡白川村荻町585
電話:05769-6-1551
チェックイン:16:00〜
チェックアウト:〜9:00
支払方法:現金




ポチッと応援してネ❤️
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村

bnr-zidaiya-700130.jpg
関連記事

民宿久松にチェックイン。#白川郷 #民宿 #合掌造

8月12日




08122019hisamatsu01.jpeg
15:00
観光が終わってしまったので、民宿久松へ戻りました。
恐るおそる女将さんに「まだ1時間もありますけど大丈夫ですか?」と尋ねると、「もうお部屋に入れるわよ〜」と言われたので、女将さんの案内で部屋に向かいました。




08122019hisamatsu02.jpeg
合掌造の内部は、民宿かんじやとほぼ同じ配置でした。
部屋と部屋の間は、片方が襖で反対側が板戸です。

各部屋にエアコンはありません!
扇風機がフル回転していて、窓も全開ですが、部屋の中は蒸し暑かったです。

一昨年まで扇風機で充分だったけど、昨年から異常に暑くなったので、止むを得ずエアコンを廊下の端に取り付けたそうです。
どの部屋も廊下の障子戸を開けて、廊下の冷気を取り込んでいました。
民宿かんじやのWiFiは、白川郷全域のを使ってて、接続があまりよくなかったけど、ここは独自で契約してるWiFiなので、サクサクで快適です。




08122019hisamatsu03.jpeg
冷たい麦茶を飲みながら鉱泉せんべいを食べて、ひと休みしました。
麦茶はポットで欲しかったなぁ・・・




民宿久松
場所:岐阜県大野郡白川村荻町585
電話:05769-6-1551
チェックイン:16:00〜
チェックアウト:〜9:00
支払方法:現金




ポチッと応援してネ❤️
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村

bnr-zidaiya-700130.jpg
関連記事

白川郷合掌造り民家園 #白川郷 #合掌造

8月12日




08122019minkaen01.jpeg
《であい橋》
この橋は、白川郷と観光客用駐車場を結んでいます。
駐車場から白川郷へ向かう人は向かって右側を向かってきます。
私達は、駐車場へ向かうために左側を歩いて向かいました。
暗黙の了解なのかなぁ・・・




08122019minkaen02.jpeg
白川郷合掌造り民家園の《正門》
私達は、駐車場の左側にある白川郷合掌造り民家園へ行きました。
白川郷合掌造り民家園は、岐阜県重要文化財の9棟をはじめ全部で25棟の合掌造、水車小屋、神社、寺院などが移築されています。




08122019minkaen03.jpeg
《受付棟》
荒井良造家を使っています。
なんと贅沢な・・・




08122019minkaen04.jpeg
《水車小屋》
高低差を利用した樋を使って水を送り、水車を回して小屋の中の杵を上下させ、臼の中の物を潰して粉にする仕組みになっていました。
粉はなかったけど、杵は動いてたよ。




08122019minkaen05.jpeg
《中野義盛家》

08122019minkaen06.jpeg
中野家の玄関を入ると、いきなり左端にぽっとん便所がありました。

08122019minkaen07.jpeg
横には、コキアがあったよ。

08122019minkaen08.jpeg
2階には養蚕の道具が展示してあり、3階は両端を歩くことが出来た。
3階の天井がなくて4階と一体になってたので、屋根裏の構造を見ることが出来ました。
屋根裏を見れるのは、ここと美然ゆめろむ館だけかな・・・




08122019minkaen09.jpg
小川の終点にあたる池に飛び石があったので、ぴょんぴょんと渡ってみました。




08122019minkaen10.jpeg
《浅野忠一家》

08122019minkaen12.jpeg
「2005年3月9日に、イタリアのアルベロベッロ市と姉妹友好提携に調印」と言うパネルが展示してありました。
アルベロベッロのトゥルッリのシルエットが三角屋根ってことで、繋がったのかなぁ・・・

08122019minkaen11.jpg
裏の池に面して畳が敷いてあったので、皆んなそこに上がって座ったり寝たりして休んでいました。




08122019minkaen13.jpeg
《茶室 梅香庵》
こんな茶室で点ててみたいなぁ・・・




08122019minkaen14.jpeg
炎天下の中を歩いて水分と糖分が不足したので、売店によって麦茶とソフトクリームを買って食べました。
ソフトクリームは、バニラ、よもぎ、そば、きび、どぶろくの5種類があり、私達は「きび(左)」と「どぶろく(右)」を食べました。
「きび」はつぶつぶ感が残ってたし、「どぶろく」は酒の風味がしたよ!
ご馳走様でした。




白川郷合掌造り民家園
http://www.shirakawago-minkaen.jp




ポチッと応援してネ❤️
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村

bnr-zidaiya-700130.jpg
関連記事

白水園へ昼食を食べに行きました。#白川郷 #飛騨牛

8月12日




08122019hakusuien01.jpeg
美然 ゆめろむ館で、合掌造の上層階を満喫した後、白水園へ昼食を食べに行きました。




08122019hakusuien02.jpeg
一番乗りで、座敷の窓際席に座りました。
冷麦茶と冷水は、セルフサービスです。




08122019hakusuien03.jpg
08122019hakusuien04.jpg
《メニュー》
朴葉味噌焼きは3回連続だったので、さすがに違うものが食べたくなりました(爆)




08122019hakusuien05.jpeg
カミサンが食べた《ざるそば》780円




08122019hakusuien06.jpeg
08122019hakusuien07.jpeg
私が食べた《飛騨牛石焼和膳》3,400円
朴葉味噌焼きじゃない飛騨牛は、柔らかくて美味しかったです!

ご馳走様でした。




白水園
場所:岐阜県大野郡白川村大字荻町354
電話:05769-6-1200
営業時間:11:30-15:00
休業日:不定休




ポチッと応援してネ❤️
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村

bnr-zidaiya-700130.jpg
関連記事

美然 ゆめろむ館の上層階は見応えあり。#白川郷

8月12日




08122019yumeromu01.jpeg
合掌造の上層部を見るために、美然 ゆめろむ館へ行きました。




08122019yumeromu02.jpeg
入口を入ると、お土産が並んでいます。
その奥には、樹齢800年以上の御神木の大きな栃の切株があり、くぐることができます。
カミサンと比べると、その大きさがわかりますね!




08122019yumeromu03.jpeg
くぐった先の広い土間には、たくさんの木彫の作品が陳列されていました。
土間までは、無料で見学できます。

時々、上層階を子どもが走り回る音がすると、受付のおじさんが階段を上がって注意していました。
また、入場料を払わないで上がろうとするお客もいて、受付のおじさんは、傍若無人な観光客(中国人達)に大忙しでした!




08122019yumeromu04.jpeg
受付のおじさんに料金300円を支払い、この階段を上がって上層階を見に行きました。




08122019yumeromu05.jpeg
階段の途中からは、囲炉裏の間を見下ろすことができました。
民宿かんじやの囲炉裏もそうだったんですが、囲炉裏の上に板が吊るしてあります。

民宿久松の女将さんが「囲炉裏の上の板は、煤が天井に舞って行って付かないようにするためと、囲炉裏の熱を反射して付近を暖める役目がある」と教えてくれました。
また、「白川郷では大きな五徳で煮炊きをしているので、自在鉤は使いません」とも言っていました。
と言うことは、この自在鉤は演出ですね・・・




08122019yumeromu06.jpeg
2階に上がると、板の間が広がっています。
子どもが走り回りたくなる気持ちが、わからないでもないなぁ・・・
2階と3階の天井がないので、天井が非常に高くて開放的です!
2階からロフトのような狭い3階に上がると、その構造の美しさと広さに圧倒されました。




08122019yumeromu07.jpeg
3階の窓からは、メインストリートの様子を見下ろすことが出来たし、ときどき涼しい風が吹き込んで、とても気持ちよかったです。




08122019yumeromu08.jpeg
上りと別の階段を下りると、広間に出ました。
一枚板の座卓がデカ過ぎ〜!




08122019yumeromu09.jpeg
広間の先には、先ほどの囲炉裏の間がありました。
見学終了!
見応え充分でした。




美然 ゆめろむ館
場所:岐阜県大野郡白川村荻町185
電話:05769-6-1226
営業時間:10:00-16:00
休館日:不定休
入場料:300円
支払方法:現金




ポチッと応援してネ❤️
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村

bnr-zidaiya-700130.jpg
関連記事

カルロ君を民宿久松に移動。#白川郷 #民宿 #合掌造

8月12日




08112019kanjiya01.jpg
09:00
荷物をまとめた後、ギリギリまで部屋でまったりしてからチェックアウトしました。
お世話になりました。
女将さんとお婆さんが見送る中、カルロ君で出発。

民宿かんじや
http://sirakawago-kanjiya.com




民宿かんじやから路地を進み、メインストリートを左折。
すでに、たくさんの観光客が歩いているメインストリートを、徐行しながら進みました。
まったく道を譲らない中国人達に、イラッときた私は小さく「プッ!」と鳴らしました。
「なぜ車が走ってるんだ?」みたいな顔をして車内を除き込んだけど、「ここはホコ天じゃねえし、俺たちは宿間の移動なんだよ!」と呟きながら、無視して進みました。
次の十字路を左折。
民宿ふるさとの前を通り過ぎ、次の宿の民宿久松に到着しました。
所要時間はわずか3分、距離にして120mの移動でした。




08122019hisamatsu01.jpeg
宿の前に着くと、女将さんが出発する外国人家族の記念写真を撮っていました。
私は写真を撮り終わった女将さんに「車だけ置いて出かけていいですか?」と言うと、二つ返事でOKしてくれました。
カルロ君を駐車場に停め、「チェックインの午後4時までに戻ります」と女将さんに告げて散策に出かけました。

民宿久松
場所:岐阜県大野郡白川村荻町585
電話:05769-6-1551
チェックイン:16:00〜
チェックアウト:〜9:00
支払方法:現金




ポチッと応援してネ❤️
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村

bnr-zidaiya-700130.jpg
関連記事

民宿かんじや(朝食編)#白川郷 #民宿 #合掌造

8月12日




午後7時半、女将さんが「朝食の準備が出来ました」と各部屋に声をかけて回ると、それぞれの部屋からお客がゾロゾロと出てきて、囲炉裏の間に集まりました。




08122019kanjiya01.jpeg
左上から、朴葉味噌焼き(飛騨牛無しの野菜のみ)、サラダ(大根、水菜、コーン、ミニトマト、カニかま、ごまドレ)、味付けのり、梅干し、ヨーグルト、生卵、なめこ、黒豆、みょうが、かぼちゃ、お茶、ごはん、味噌汁、煮浸し(なす、みょうが、ししとう)

我が家の朝食と比べたら、豪華すぎるよ(汗)
私としては、上の列はいらないかな・・・
でも、出されたものは、礼儀として全部食べました。




08122019kanjiya02.jpeg
食後に、コーヒーが出ました。
ご馳走様でした。

白人の父親と少年は、食べ終わるとシャワーを浴びに行きました。
母親は、一つひとつ味わいながら食べてから、後でシャワーに行きました。




民宿かんじや
http://sirakawago-kanjiya.com




ポチッと応援してネ❤️
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村

bnr-zidaiya-700130.jpg
関連記事

早朝に名家を見て回りました。#白川郷 #合掌造

8月12日




マイカーの観光客が白川郷に入れる時間帯は、午前9時から午後4時までです。
ただし、白川郷の外にある指定駐車場にマイカーを停めて歩いて入らなければなりません。

だから、午前9時前と午後4時以降は、車を停められないし店も開いていないので、宿泊客の楽園となります。
私たちは、観光客がやって来る前に、有名な建物を見て回りました。




08122019shirakawago01.jpeg
民宿かんじやは、メインストリートから奥まったところにあるので、観光客が見れないところも見ることができます。
川を挟んだ向こう側の合掌造の裏には、住んでる子ども用のビニール・プールがありました!




08122019shirakawago02.jpeg
《妙善寺庫裡郷土館と妙善寺本堂》
民宿かんじやからメインストリートに出る路地からは、郷土館と本堂が並んだ光景を見ることができました。




08122019shirakawago03.jpeg
《喫茶・落人》
茅葺屋根に這い伝わったヘチマが魅力的ですね。




08122019shirakawago04.jpeg
《神田家》
入口の左側には、水神さまが祀られています。
http://kandahouse.web.fc2.com




08122019shirakawago05.jpeg
《長瀬家》
250年続く旧家で、5階建の大きな屋根が圧巻です。




08122019shirakawago06.jpeg
《和田家》
間口22.3m、奥行12.8mの建坪は、白川村で最も規模が大きい建物です。
メインストリートから延びる道の奥に、横たわっています。




ポチッと応援してネ❤️
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村

bnr-zidaiya-700130.jpg
関連記事

民宿かんじや(夕食&風呂編)#白川郷 #民宿 #合掌造

8月11日




午後6時、女将さんが「夕食の準備が出来ました」と各部屋に声をかけて回ると、それぞれの部屋からお客がゾロゾロと出てきて、囲炉裏の間に集まりました。
今夜の宿泊客は、我が夫婦、白人の親子(両親と少年1人)、日本人の親子(若夫婦と幼女)、日本人の子連れ親子(素泊まり)の4組です。




08112019kanjiya04.jpeg
左上から、飛騨牛の朴葉味噌焼き、味噌田楽、岩魚の塩焼き、天ぷら(みょうが、ちくわ、なす、エリンギ、かぼちゃ、大葉)、ツナときゅうりのマヨ和え、とろろ蕎麦、じゃがいもの蜜煮、扇皿(きんぴら、石豆腐、わらび、みょうが甘酢漬け)、きゅうりのぬか漬け、お茶、ご飯




08112019kanjiya05.jpeg
ちょっと遅れて、《お吸い物》が来ました。




08112019kanjiya06.jpeg
食後に《フルーツの盛り合わせ》が出ました。

白人の親子は英語ではない言葉を話してたので、ヨーロッパ系でしょう。
父親は早食いで、食べ終わると、さっさと部屋に戻ってしまいました。
少年は好き嫌いがあるらしく、あまり手をつけてなくて、父親を追うように部屋に戻ってしまいました。
母親は和食に興味があるらしく、一つひとつ味わいながら食べていました。

ご馳走様でした。




08112019shirakawago06.jpeg
食後は、宿の近所をぶらぶらしました。
でも、店はすでに閉まってたし、街灯がなくて真っ暗だったので、ちょっと歩いただけで宿に戻りました。

散歩の後は、入浴タイムです。
ここの浴室は、総檜風呂っぽいユニットバスで、使用時間は午後4時〜9時です。
8時半に浴室に行くと、ちょうど女性が出てきたので、入れ替わるように入りました。
湯舟に浸かると、湯気がおしっこ臭かった!
誰かが、湯舟の中で漏らしたようだ!
そのうち浴室全体が臭くなったので、急いで洗って出ました!

寝る前にトイレに行くと、温水洗浄便座の洋式トイレだったので、びっくりしました!

寝るときは、扇風機を強風でかけながら、廊下側の板戸と縁側の障子戸を全開にしました。
まぁ、治安がいいから出来るでしょう!




民宿かんじや
http://sirakawago-kanjiya.com




ポチッと応援してネ❤️
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村

bnr-zidaiya-700130.jpg
関連記事

夕暮れ前の全景 #白川郷 #合掌造 #世界遺産

8月11日




08112019shirakawago01.jpeg
宿の部屋で休んだ後、裏の坂道を急いで上がって行き、天守閣展望台へ向かいました。

この合掌造は、民宿かんじやの正面です。
ススキの穂が生い茂ってて、秋の気配が着実に近付いてます。




08112019shirakawago02.jpeg
そうかと思えば、木槿の花が合掌造を引き立てています。




08112019shirakawago03.jpeg
道中の坂道では、西陽に照らされた田園風景に足が止まってしまいました。




08112019shirakawago04.jpeg
坂道を歩くこと20分、天守閣展望台の下に着きました。
天守閣展望台からは絶景を見ることができますが、すでに閉まってたので、その下の道で充分だと思い、そこから白川郷の全景を眺めました。

白川郷といえば、合掌造ですよね。
全部の家が合掌造かと思ったら、そうではなくて、ちょっとがっかりしました。
でも、これが雪で埋まったら、いい雰囲気になるんだろうな・・・
冬にまた来たいな!




08112019shirakawago05.jpg
記念にパチリ!
民宿の夕食が18時からなので、急いで坂道を下って帰りました。




ポチッと応援してネ❤️
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村

bnr-zidaiya-700130.jpg
関連記事

民宿かんじやに着きました。#白川郷 #民宿 #合掌造

8月11日




甚五郎らーめんで昼飯を食った後、高山市から北上して白川郷へ向かいました。
白川郷へ行く途中に、大白川露天風呂という日帰り入浴施設があったので、九十九折りの細い山道を走って行ってみました。
露天風呂を管理しているロッジで入浴料を支払い、露天風呂の脱衣場へ行くと、なんと入口に「入墨お断り」の貼り紙があったのです!
「こんな山の中でも駄目なのか!」と愕然!
ロッジで返金してもらい、泣く泣く再び白川郷へ向かいました。




08112019kanjiya01.jpg
16:10
白川郷にある民宿かんじやに着きました。
女将さんとお婆さんが、出迎えてくれました。




08112019kanjiya07.jpeg
合掌造の中は中央に廊下があり、左右にいくつかの部屋があります。




08112019kanjiya08.jpeg
今回泊まる《桔梗の間》の入口です。




08112019kanjiya02.jpeg
部屋の中はこんな感じです。
部屋と部屋の間は、普通は襖ですが合掌造は板戸です。

各部屋にエアコンはありません!
2台の扇風機がフル回転していて、窓も全開ですが、部屋の中は蒸し暑かったです。

白川郷は世界遺産のために、外観を損なってはいけないそうで、廊下の端に唯一のエアコンがあり、室外機は人目に付かないところに置いてあるそうです。
どの部屋も廊下の板戸を開けて、エアコンの冷気を取り込んでいました。




08112019kanjiya03.jpeg
ポットに入った冷たい麦茶をがぶ飲みしながら、白川郷銘菓の《結おこし》を食べて、ひと休みしました。




民宿かんじや
http://sirakawago-kanjiya.com




走行距離
甚五郎らーめん〜大白川露天風呂:76km
大白川露天風呂〜民宿かんじや:27km
小計:518km




ポチッと応援してネ❤️
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村

bnr-zidaiya-700130.jpg
関連記事

甚五郎らーめんで昼食。#甚五郎らーめん #飛騨高山

8月11日



11:00
チェックアウト時間のギリギリまで匠の宿 深山桜庵でまったりした後、次の観光地である白川郷へ向かいました。
最短ルートが不通のため、高山市内を通ることになったので、市内にある甚五郎らーめんで昼食をとりました。




08112019jingoro01.jpeg
12:00
甚五郎らーめんに着きました。
自前の駐車場があるので、ここに決めました。




08112019jingoro02.jpeg
カルロ君を駐車場に停めて店に向かうと、20人以上の客が軒先に並んでいました。




08112019jingoro03.jpeg
12:30
30分並んで入店できました。




08112019jingoro04.jpeg
《ラーメンのメニュー》




08112019jingoro05.jpeg
《生にんにく》




08112019jingoro07.jpg
私が食った《チャーシュー麺》900円
二人とも生にんにくを擦って入れました。




08112019jingoro06.jpeg
カミサンが食った《甚五郎らーめん》650円

高山ラーメンの特徴は黒いスープです。
このスープは、豚骨と鶏ガラを煮込んで取ったスープに、醤油だれを入れて煮込んでいるそうです。
コシがある極細の縮れ麺は、濃厚なのにしょっぱくないスープによく絡んでいたので、二人ともスルッと20分で完食してしまいました。
ご馳走様でした。




甚五郎らーめん
場所:岐阜県高山市西之一色町2-132-1
電話:0577-34-5565
営業時間:10:30-14:30、20:00-2:00
     日曜日・第1第2月曜日 10:30-14:30
休業日:不定休
駐車場:11台




走行距離
匠の宿 深山桜庵〜甚五郎らーめん:36km
小計:415km




ポチッと応援してネ❤️
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村

bnr-zidaiya-700130.jpg
関連記事

プロフィール

ChoiwaruLorenzo

Author:ChoiwaruLorenzo

ランキング

ポチッと応援してね。

旧ブログ

Lorenzoの【西方見聞録】
http://lorenzo.blog.fc2.com/
2005年から2019年までのバリ島、台湾、ミャンマー、タイのブログがいっぱい載ってます。

日本語OKなバリ島の助っ人


I Ketut Sulastra(クトゥさん)
http://ketut.blog.fc2.com/
カーチャーターとレンタルバイクをやっています。
漢字以外の日本語で直接予約できます。

タグクラウド


検索フォーム

QRコード

QR

アクセス・カウンター