THE CELECTON 松本(大浴場編)

6月23日




06232020celecton03.jpeg
松本へ行ったら必ず行く焼肉 明月館で、美味しい焼肉を食べた後、7-11で朝食を買ってホテルに戻りました。
事前にホームページの隅から隅まで確認したけど、どこにもタトゥー禁止と載っていなかったので、大浴場へ浸かりに行きました。




06232020celecton04.jpeg
入口を入ると、すぐに脱衣場がありました。




06232020celecton05.jpeg
左奥には、洗面所がありました。




06232020celecton06.jpeg
右奥のドアを開けると、洗い場がありました。




06232020celecton07.jpeg
洗い場の反対側に、大きな湯舟がありました。
湯舟に浸かろうとすると、めっちゃ熱かった!
たぶん、44〜45℃はあったと思う。
だって、熱すぎて1分も浸かっていれなかったから!




06232020celecton08.jpeg
風呂上りに脱衣場で身体を拭いてると、ロッカーの横のシールが目に止まった。
下段左から二番目に「No tattoo are allowed (as a general rule).」「タトゥーが入っている人は原則、入浴できません。」と載っていました。

「タトゥーが入っている人は原則、入浴できません。」は変な文章ですね。
「原則として、タトゥーが入っている人は入浴できません。」だろ!
“原則として”とある場合は、例外があるということだよね。
いっそのこと「タトゥーが入っている人は入浴できません。」とキッパリしてほしいな。

「No tattoo are allowed (as a general rule).」を訳すと、「(原則として)タトゥーは許可されない」となります。
英文の( )の使い方
1. コンマより強く、ダッシュと同程度に、前後の文から区切る。
括弧で挿入された情報は、文との関連性がほぼ失われ、注釈としてのみ機能します。
2. 注釈や翻訳を囲む。
外国語の訳は、カッコをつけて挿入する。
3. 文中で要素を列挙する時の番号・文字を囲む。
数字やアルファベットを文中のリストにつける場合、(1) (2) (3)、 (a) (b) (c)という具合に括弧で囲みます。
4. 箇条書き・アウトラインの番号を囲む。
リストやアウトラインの階層が複数のとき、下層階の項目に対して括弧で囲む。

この場合は1.に該当するので、文との関連性がほぼ失われ重要でなくなりますね。
日本的な曖昧な表現だなぁ・・・




THE CELECTON 松本
https://celecton.com/matsumoto/








ポチッと応援してネ❤️
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村

bnr-zidaiya-smartphone.jpg
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

ChoiwaruLorenzo

Author:ChoiwaruLorenzo

ランキング

ポチッと応援してね。

旧ブログ

Lorenzoの【西方見聞録】
http://lorenzo.blog.fc2.com/
2005年から2019年までのバリ島、台湾、ミャンマー、タイのブログがいっぱい載ってます。

日本語OKなバリ島の助っ人


I Ketut Sulastra(クトゥさん)
http://ketut.blog.fc2.com/
カーチャーターとレンタルバイクをやっています。
漢字以外の日本語で直接予約できます。

タグクラウド


検索フォーム

QRコード

QR

アクセス・カウンター