美然 ゆめろむ館の上層階は見応えあり。#白川郷

8月12日




08122019yumeromu01.jpeg
合掌造の上層部を見るために、美然 ゆめろむ館へ行きました。




08122019yumeromu02.jpeg
入口を入ると、お土産が並んでいます。
その奥には、樹齢800年以上の御神木の大きな栃の切株があり、くぐることができます。
カミサンと比べると、その大きさがわかりますね!




08122019yumeromu03.jpeg
くぐった先の広い土間には、たくさんの木彫の作品が陳列されていました。
土間までは、無料で見学できます。

時々、上層階を子どもが走り回る音がすると、受付のおじさんが階段を上がって注意していました。
また、入場料を払わないで上がろうとするお客もいて、受付のおじさんは、傍若無人な観光客(中国人達)に大忙しでした!




08122019yumeromu04.jpeg
受付のおじさんに料金300円を支払い、この階段を上がって上層階を見に行きました。




08122019yumeromu05.jpeg
階段の途中からは、囲炉裏の間を見下ろすことができました。
民宿かんじやの囲炉裏もそうだったんですが、囲炉裏の上に板が吊るしてあります。

民宿久松の女将さんが「囲炉裏の上の板は、煤が天井に舞って行って付かないようにするためと、囲炉裏の熱を反射して付近を暖める役目がある」と教えてくれました。
また、「白川郷では大きな五徳で煮炊きをしているので、自在鉤は使いません」とも言っていました。
と言うことは、この自在鉤は演出ですね・・・




08122019yumeromu06.jpeg
2階に上がると、板の間が広がっています。
子どもが走り回りたくなる気持ちが、わからないでもないなぁ・・・
2階と3階の天井がないので、天井が非常に高くて開放的です!
2階からロフトのような狭い3階に上がると、その構造の美しさと広さに圧倒されました。




08122019yumeromu07.jpeg
3階の窓からは、メインストリートの様子を見下ろすことが出来たし、ときどき涼しい風が吹き込んで、とても気持ちよかったです。




08122019yumeromu08.jpeg
上りと別の階段を下りると、広間に出ました。
一枚板の座卓がデカ過ぎ〜!




08122019yumeromu09.jpeg
広間の先には、先ほどの囲炉裏の間がありました。
見学終了!
見応え充分でした。




美然 ゆめろむ館
場所:岐阜県大野郡白川村荻町185
電話:05769-6-1226
営業時間:10:00-16:00
休館日:不定休
入場料:300円
支払方法:現金




ポチッと応援してネ❤️
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村

bnr-zidaiya-700130.jpg
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

ChoiwaruLorenzo

Author:ChoiwaruLorenzo

ランキング

ポチッと応援してね。

旧ブログ

Lorenzoの【西方見聞録】
http://lorenzo.blog.fc2.com/
2005年から2019年までのバリ島、台湾、ミャンマー、タイのブログがいっぱい載ってます。

日本語OKなバリ島の助っ人


I Ketut Sulastra(クトゥさん)
http://ketut.blog.fc2.com/
カーチャーターとレンタルバイクをやっています。
漢字以外の日本語で直接予約できます。

タグクラウド


検索フォーム

QRコード

QR

アクセス・カウンター