#清澄庭園 は自然豊かだった。#スッポン #亀 #東京見物

9月21日




新型コロナウイルスの蔓延で、他県への旅行を自粛要請されてるし、他県や外国人の観光客がいないのをいいことに、移住前に都内観光をすることにしました。




09212020kiyosumi01.jpeg
すみだ北斎美術館を観終わった後、地下鉄大江戸線で両国駅から清澄白河駅まで移動し、A3出口から地上へ出ました。
お目当ての清澄庭園は、清澄通りを挟んで斜め左にあります。
しかし目の前に横断歩道がないので、清澄通りを少し右へ行き、清澄三丁目交差点を渡って庭園の方へ戻りました。
駅から見えていたところには入口はなくて、庭園の手前の路地を奥へ120mほど進んだところに入口がありました。
コロナ対策なのか、入口と出口が分けられていたよ。




09212020kiyosumi02.jpeg
チケット売場で入場券を買い、アルコール消毒をしてから庭園の中に入りました。




09212020kiyosumi03.jpeg
清澄庭園は大きな池の周りに遊歩道がある「回遊式林泉庭園」です。
江戸時代は豪商の紀伊國屋文左衛門の屋敷があり、明治時代には三菱財閥創始者の岩崎弥太郎が、社員の慰安や貴賓を招待するために、庭園に造り替えたそうです。
池の向こうに見える建物は、数寄屋造りの《涼亭》という建物で、岩崎家が国賓を招くために建てたものです。
現在の建物は、昭和60年に建て替えられたものなので、そんなに古くないですね。




09212020kiyosumi04.jpeg
池の畔には、《磯渡り》という飛び石が置かれていて、そこには大きなスッポンや亀、鯉が集まってきます。
初めて、生きてるスッポンを見たぜ。




09212020kiyosumi05.jpeg
あちこちの岩の上では、亀たちが甲羅干しをしていた。




09212020kiyosumi06.jpeg
木造の橋を渡ると《中の島》があります。




09212020kiyosumi07.jpeg
島内には、園内で唯一《タマスダレ》という花が咲いていました。




09212020kiyosumi08.jpeg
先ほど向こう岸から見た《涼亭》まで来ました。
池の向こうには、《大正記念館》という大きな建物が見えました。
その建物は、大正天皇の葬儀に用いられた葬場殿を移築したもので、現在は再建されて集会所として使われているそうです。




09212020kiyosumi09.jpeg
3つめの島にある石灯籠の上には、アオサギが羽繕いをしていた。

約1時間で、ぐるっと一周できました。
東京という大都会の中に、こんなに静かで自然豊かなところがあるなんて、まったく知りませんでした。
唯一残念なことは、他の庭園にも言えることですが、庭園の周囲に高いビルが建っていることです。
東京でも、景観条例をもっと厳しくした方がいいと、つくづく思いました。




清澄庭園
https://www.tokyo-park.or.jp/park/format/index033.html








ポチッと応援してネ❤️
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村

bnr-zidaiya-smartphone.jpg
関連記事

#すみだ北斎美術館 やっと行けた。#葛飾北斎 #東京見物

9月21日




新型コロナウイルスの蔓延で、他県への旅行を自粛要請されてるし、他県や外国人の観光客がいないのをいいことに、移住前に都内観光をすることにしました。




09212020hokusai01.jpeg
上野御徒町駅から再び都営大江戸線に乗り、両国駅で下車しました。
A3出口を出て5分ほど歩き、すみだ北斎美術館へ行きました。
下町の住宅街の中に、忽然と銀色の変な形の建物が現れました。
これのどこが葛飾北斎なんだろう???
全くリスペクトしてねえじゃんか!




09212020hokusai02.jpeg
どこが入口なのか、わかリません!
「入口」と書かれた立て札を見つけたので、それに沿って奥の方へ進みました。




09212020hokusai03.jpeg
入口でアルコール消毒と検温をしてから、ロビーの右隅にあるチケット売場で、企画展と常設展の全てを観ることができるチケットを買いました。
左奥にあるエレベーターに乗ろうとすると、コロナ対策で定員2名に制限されていた。

3階の企画展で、神奈川沖浪裏が有名な「冨嶽三十六景」シリーズの版画や肉筆画、門人たちによる名作の数々を観て回りました。

4階の常設展示室では、北斎漫画を手に取って観ることができました。
隣のAURORA(常設展示室)には、「北斎のアトリエ」再現模型が展示してあり、生き人形の北斎の手が動いた時は、思わず悲鳴が出そうになったよ。

最後に1階のミュージアム・ショップへ行き、ミュージアム・グッズを品定めしたら、結構お高かったので何も買いませんでした。
このミュージアム・ショップは、作品観賞をしなくてもグッズだけ買うことができるそうです。




オープン当時は大混雑だったので敬遠してたけど、今回は非常に空いていてゆっくり観ることができました。
すみだ北斎美術館
https://hokusai-museum.jp








ポチッと応援してネ❤️
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村

bnr-zidaiya-smartphone.jpg
関連記事

#麺処花田 で #辛味噌チャーシュー麺 #上野 #東京

9月21日




新型コロナウイルスの蔓延で、他県への旅行を自粛要請されてるし、他県や外国人の観光客がいないのをいいことに、移住前に都内観光をすることにしました。




09212020hanada01.jpeg
都営交通の秋のワンデーパスを使って、まずは上野御徒町で下車。
A7出口を出て、JRの線路から2本昭和通り寄りの路地を上野方面へ。
3分ほど歩いて、麺処花田 上野店へランチを食べに行きました。
正午前に着いたので、三組しか並んでいなかった。




09212020hanada02.jpeg
ここは味噌ラーメンの店なんだね・・・




09212020hanada03.jpeg
中東系のおにいちゃんに「食券を買ってから並んでください」と言われたので、店内の発券機で食券を買った。
再びおにいちゃんがやってきて、「野菜大盛り、ニンニク増しが無料ですが、どうしますか」と聞いてきたので、追加してもらうことにすると、食券を奪って店内へ入ってしまいました。




09212020hanada04.jpeg
15分弱で案内されたので、アルコール消毒してから席に着きました。




09212020hanada05.jpeg
カミサンが食べた《辛味噌ラーメン》900円
大きなチャーシューが1枚、メンマ、山盛り刻みネギ

刻みネギの下に、大盛りの野菜が隠れてた。
ストレートな太麺は、持ち上げると箸に重みが伝わるほどで、コシがあってモチモチだった。
辛味噌スープは、トロッとした濃厚系で食が進む辛さだった。
チャーシューは、脂身がほんの少しで脂身が嫌いなカミサンでも完食してたぜ。




09212020hanada06.jpeg
私が食べた《辛味噌チャーシュー麺》1,170円
大きなチャーシューが3枚、味付け玉子、メンマ、山盛り刻みネギ

チャーシューは、箸で持ち上げると解けるほど柔らかだった!

ご馳走様でした。




麺処花田 上野店
http://www.eternal-company.com








ポチッと応援してネ❤️
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村

bnr-zidaiya-smartphone.jpg
関連記事

プロフィール

ChoiwaruLorenzo

Author:ChoiwaruLorenzo

ランキング

ポチッと応援してね。

旧ブログ

Lorenzoの【西方見聞録】
http://lorenzo.blog.fc2.com/
2005年から2019年までのバリ島、台湾、ミャンマー、タイのブログがいっぱい載ってます。

日本語OKなバリ島の助っ人


I Ketut Sulastra(クトゥさん)
http://ketut.blog.fc2.com/
カーチャーターとレンタルバイクをやっています。
漢字以外の日本語で直接予約できます。

タグクラウド


検索フォーム

QRコード

QR

アクセス・カウンター